認定試験研修

認定試験研修について

勤務している適合施設(注1)での研修

①提出書類 
 勤務施設で異なる 10 症例の研修を行い、その中で自身の職種を除く 3 職種それぞれ各 2 症例
(2 例は異なる症例)の合計 6 つの症例要約腎臓病療養指導研修証明書を提出
 *下記「腎臓病療養指導士研修証明書、症例要約の記載について」を熟読し決められたフォームでご提出ください。

(注1)研修施設基準について
日本腎臓学会が認定する腎臓専門医の常勤医または非常勤医, または10年以上の会員歴を有する日本腎臓学会所属の常勤医がおり、かつ、保存期腎臓病患者の内科外来診察および患者教育・指導が 恒常的に行われ、看護師、管理栄養士、薬剤師の3職種が在籍する施設を適合施設とします。(常勤・非常勤は問わない。透析実施の有無は問わない)

外部施設研修

①研修施設への申込
外部研修施設一覧よりFAX番号の記載のある施設を確認いただき、施設研修申込用紙にてお申し込み下さい。

※日本腎臓病協会では研修施設への仲介は行いません。各自で手配をお願いいたします。

②提出書類
外部施設で異なる 10 症例の研修を行い、その中で自身の職種を除く 4 職種それぞれ各 2 症例 (2 例は異なる症例)の合計 8 つの症例要約 腎臓病療養指導研修証明書を提出

*下記「腎臓病療養指導士研修証明書、症例要約の記載について」を熟読し決められたフォームでご提出ください。記載内容が不適切な場合や書類が不足している場合は、受験資格が発生しません。

「腎臓病療養指導士研修証明書、症例要約の記載について」
  • 腎臓病療養指導士研修証明書、症例要約の記載について(最初にお読みください)
    ダウンロード(84KB)
「症例要約提出用フォーム」
医師外来 看護指導 栄養指導 服薬指導
症例要約 症例要約記号A 症例要約記号B 症例要約記号C 症例要約記号D 症例要約記号E 症例要約記号F 症例要約記号G 症例要約記号H
Excel形式 Excel形式 Excel形式 Excel形式 Excel形式 Excel形式 Excel形式 Excel形式
Word形式 Word形式 Word形式 Word形式 Word形式 Word形式 Word形式 Word形式
「腎臓病療養指導研修証明書フォーム」
施設研修が行えない方 ※別途研修費用をご負担いただきます。

【認定試験代替研修(CT)】
 認定試験用代替研修には、「症例研修e-learning」の3症例(1症例は医師、看護師、管理栄養士、薬剤師の4職種全ての同一受診時の療養指導を示した4種の動画)の12種の動画を視聴し、視聴した3症例の視聴症例リスト(書式あり)を作成する。さらに、視聴した3症例のうち2症例について4職種それぞれのレポート(書式あり)(2症例×4職種=合計8レポート)を提出し、合格することが必要です。
→腎臓病療養指導士認定試験用代替研修受講の流れ

PAGE TOP