慢性腎臓病(CKD)の普及・啓発

慢性腎臓病とは

腎臓の働きとは
腎臓の働きとは

腎臓は腰の辺りに2個あり、そらまめのような形をした、握りこぶしくらいの大きさです。
腎臓は1個が150gほどの小さな臓器ですが、心臓から送り出される血液の20%以上が流れており、毎日200ℓもの血液をろ過して、老廃物を尿として体外に排泄し、体の中をきれいに保ちます。
その他にも、体液の量や浸透圧・血圧の調整を行ったり、ナトリウム・カリウム・カルシウムなどのミネラルや酸性・アルカリ性のバランスを保ったり、さらには血液を作るホルモンを分泌する、骨を健康に保つ、といった多くの働きがあります。
私たちの健康において重大な役割を担っており、まさに‘肝腎かなめ’の臓器です。

CKD(慢性腎臓病)とは

CKD(慢性腎臓病)とは、腎臓の働き(GFR)が健康な人の60%以下に低下する(GFRが60mℓ/分/1.73㎡未満)か、あるいはタンパク尿が出るといった腎臓の異常が続く状態を言います。
年をとると腎機能は低下していきますから、高齢者になるほどCKDが多くなります。高血圧、糖尿病、コレステロールや中性脂肪が高い(脂質代謝異常)、肥満やメタボリックシンドローム、腎臓病、家族に腎臓病の人がいる場合は要注意です。さらにCKDは、心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患の重大な危険因子になっています。
つまり、腎臓を守ることは、心臓や脳を守ることにもつながります。

CKDとは
下記のいずれか、または両方が3ヶ月以上続いている状態

腎障害

たんぱく尿(微量アルプミン尿を含む)などの尿異常、画像診断や血液検査、病理所見で腎障害が明らかである状態

腎機能の低下

血清クレアチニン値をもとに推算した意図球体濾過量(eGFR)が60ml/分/1.73㎡未満の状態

(日本腎臓学会編「CKD診療ガイド」2007より)

CKDと病期分類

腎臓の機能を表す指標として、血清クレアチニン値をもとに糸球体濾過量を推定した推算GFR(eGFR)が用いられます。
GFRは糸球体が1分間にどれくらいの血液を濾過して尿を作れるかを示す値です。
健康な人では、GFRは100mL/分/1.73㎡前後ですが、たんぱく尿などの腎障害がなくとも、60mL/分/1.73㎡未満が持続していればCKDと診断されます。
さらにGFRが低下するとCKDの重症度(病期)が進み、透析や心臓病などの心血管疾患の危険が高まります。末期腎不全(15mL/分/1.73㎡)では透析治療などの準備が必要になります。
しかし、GFRが90mL/分/1.73㎡以上であっても、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満、喫煙習慣などのCKDになりやすい危険因子を持っている人はハイリスク群であり、注意が必要です。

  • GFR区分

    (糸球体濾過量に基づく区分)

    重症度の説明

    進行度による分類GFR

    (ml/分/1.73m²)

    残された腎臓の働き
  • ハイリスク群
    90以上
    (CKDのリスクファクターを有する状態で)
  • G1
    正常または高値
    90以上
    G1 正常または高値 90以上
  • G2
    正常または軽度低下
    60〜89
    G2 正常または軽度低下 60〜89
  • G3a
    軽度〜中程度低下
    45〜59
    G3a 軽度〜中程度低下 45〜59
  • G3b
    中程度〜高度低下
    30〜44
    G3b 中程度〜高度低下 30〜44
  • G4
    高度低下
    15〜29
    G4 高度低下 15〜29
  • G5
    末期腎不全
    15未満
    G5 末期腎不全 15未満
日本腎臓学会編「CKD診療ガイド2012」より一部改編)

PAGE TOP