腎臓病療養指導士 e-learning研修

腎臓病療養指導士認定試験用 実務経験代替研修受講の流れ

【1】受講申込
受講申込みは適宜受付けております。
動画選択後、専用フォーム(認定試験受験用 症例研修e-learningによる実務経験代替研修申込) から申込みをしてください。

【2】申込受付メール(自動返信メール)
申込み完了後、下記内容を自動返信メールにてお知らせいたします。
・研修費用振込先のご案内
・レポート提出用の様式URL
レポート様式をダウンロードして4つのレポートを作成してください。
※自動返信メールが届かない場合は、事務局までご連絡ください。

【3】動画を視聴
「症例研修e-learning」の症例(ケース)のうち1症例(1症例は医師、看護師、管理栄養士、薬剤師の4職種全ての同一受診時の療養指導を示した4動画)の研修動画を視聴して4つのレポートを提出してください。
認定試験用代替研修を利用する場合には、これと同一症例での提出は認められません。

【4】研修費用のお支払い
お知らせした振込先に研修費用(1万円)をお振込みください。
※振込手数料はご負担ください。

【5】レポートの提出
今年度腎臓病療養指導士認定試験を受験される方は、所定の様式をダウンロードして、願書と一緒にご提出ください。提出方法の詳細については、認定試験の応募要領に従ってください。
■次年度以降に腎臓病療養指導士認定試験を受験される方は、所定の様式をダウンロードして、市販の封筒【角型2号】に封筒貼付用紙を貼り以下の書類を同封のうえ、簡易書留でお送りください。
提出期間は9月末までとなります。期日を過ぎた場合は、翌年の審査となりますのでご注意ください。
---------------------------------------------
・封筒貼付用紙(封筒の表面に貼付け)
・レポート
・振込を証明するもの(コピー可)
---------------------------------------------

【6】合格審査
今年度受験される方は認定試験の受験資格として審査いたします。
次年度以降に受験される方の審査は3月に行います。
合格の場合は試験用実務経験資格として5年間有効です。


受講ページへ

PAGE TOP